Home > 製品情報 > ディフェンスプラットフォーム > 機能 > 非DeP通信機能

DeP詳細機能

非DeP通信機能

インターネット経由の接続も安全に。「非DeP通信機能」

サイバー攻撃対策ソフト ディフェンスプラットフォーム(DeP)をインストールしていないPCから、ネットワーク上にあるDePファイルサーバへの接続を拒否する機能です。これにより、イントラネット内の接続はもちろん、公衆無線LANなどを使った外部からのインターネット接続や、クラウド上に設置されたDePファイルサーバへの接続に制限をかける、高度なセキュリティを確保します。

裏を返すとこれらの機能は、クライアントに“DePさえ”インストールしていれば、ファイルサーバへの接続を許可することを意味しています。接続の可否を、ソフトのインストールの有無というシンプルな基準で判断するため、運用管理も容易です。また、同一IPアドレスからの複数接続や、クライアント端末の台数拡張も容易であるため、仮想的なイントラネットの構築を実現することができ、業務の効率化に役立ちます。

本機能は現在、VPNサーバを使ったネットワークに対応しています。万が一、VPNサーバの運用管理にミスが発生しセキュリティを破られても、本機能を利用していればDePファイルサーバへの接続は拒否されるため、問題ありません。

IT専任者のいない中小企業に強み。社員に負荷なく、万全のセキュリティを確保

本機能は、中小企業のセキュリティ対策において特に強みを発揮します。IT部門の専任者を抱えるケースの少ない中小企業では、一部の社員が本来の業務と並行して運用管理に携わっているのが現状です。DePさえインストールしていれば、社員への大きな負荷となりかねないこれらの状況を解決できます。

そのほかにも、DePを導入した環境下は、履歴から各PCの動きをすべて把握できる点も、 Active Directory管理されているケースの少ない中小企業に強みがあるといえます。