PC資産管理をソフトウェアロボットで自動化、インテリジェンスプラットフォーム (InP)活用例 | ハミングヘッズ株式会社

Home > 製品情報 > インテリジェンスプラットフォーム > 活用例
InP活用例 PC資産管理

 企業において、PC資産管理業務は社内PCが正当に、無駄なく使用されているかを管理することが目的です。しかし、「手間がかかる」「常駐するソフトへ悪影響を及ぼす」「複雑でわかりづらい」など問題が山積みです。インテリジェンスプラットフォームなら、人間に代わってPC資産管理業務を完全自動化。 あらゆる問題を解決し、本当に必要な情報を効率よく収集できる理想のPC資産管理を実現します。

PC資産管理の目的
・ ソフトウェアのライセンス利用状況の把握
・ インストールされているソフトウェアの把握
・ Windows更新プログラム適用状況
などを調査し、社内PCが正当に無駄なく使用されているかを管理することが目的です。
従来のPC資産管理ソフトに関する課題
・ 膨大な数のPC管理に手間がかかる
・ 常駐するソフトウェアへ悪影響をおよぼす
・ 運用コストがかかる
・ 資産管理ソフトのつくりが複雑でわかりづらい
InPで実現可能となる理想のPC資産管理
・ 320項目にも及ぶ情報の収集が可能
・ 取得困難とされる詳細な項目も完全自動で収集
・ ソフトウェアロボットが人間に代わって収集
・ 集計結果はExcel形式で出力
・ 常駐するソフトに影響を与えない
・ 誰にでもわかるシンプルな設計
のため、運用に手間がかかりません。